地震後2週間原発未だ怖ろし

 なんという恐ろしいモンスターを人間は作り出しそしてその力を便利な生活の為にと利用してきたのだろうと、やっと気付いた。原子力発電にある程度頼らなければ明日はないのではないかと感じていた自分が何もわかっていなかったのだとわかった。

 ギリシャ神話では確かプロメテウスが人間を創り、そして凍えそうで可愛そうな人間にこっそり火を盗んで与えてしまう。それを知った全能の神ゼウスが怒りプロメテウスを岩山に縛りつける。プロメテウスは毎晩ハゲタカにお腹をついばまれるという罪を背負った。…ということだったと思う。

 ゼウスはなぜそんなに怒る必要があるのかと私は思っていた。人間が快適に暮らすことはいけないことではないはず。しかし、この大震災での福島の原発事故の恐ろしさを体験するにつけ、ゼウスは「人間に火と知恵を与えれば、やがて何千年後コントールのきかない人間どもが、地球を破壊してしまうだろう」とわかっていたのかもしれないと思った。

 こんな制御のきかない恐ろしいものに頼りたくはない。人間はせっかくこの地球に創造された。そのことに感謝しつつ、破壊力の大きな原子力に頼らずに地球を大切にしていかなければならないと考えるのが健全だ。ここへきて健全に考えなければ明日はない気がする。

 いったいいつまでこの目に見えないなんとなくの恐ろしさが続くのだろう。命を賭けて昼夜問わず働いてくれている関係者には本当にその無事を祈りつつも、なんとか終息へ向けて頑張ってくださいと願わずにいられない。これからを生きてゆく日本の子供達のためにも。
 そして、我が家も節電に心がけよう。パソコンも早めに切ろう。無駄にだらだら起きているのはやめよう。では、では日本の再生を信じて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

Michinoku
2011年04月04日 20:08
なるほど、同感ですね。
このような大災害は過去にもあったようで、近くはあの阪神淡路の時の呑気な父さんの村山さん、そして今回「まぁいっぺんやらしてみぃや」と無責任に選んだ民衆。(やらしてみないと分からん阿呆なXX)もって、あきらかに”人災”だと思います。
何故なら、仏教でも「世みな正に背き人悉く悪に帰す。故に魔来たり鬼来たり災起こり難起こる」とあり、先ず思想が乱れて人心が乱れ、それ故に国土が乱れるとあります。
傲慢な人々が、環境を支配して来たことへの警鐘でしょうね。
少なくても「評論家」ではなく、少しでも変革への実践できる自分でありたいと思っています。
UOMIZU
2011年04月07日 17:26
 なんと言ってもまずは放射能汚染を食い止め安心して復興活動ができる状態になることだと思いますが、「まだ山に登ろうというときに山を見ている状態だ」と3日前くらいでしたか、福島原発で働いていた東電社員の音声を隠したインタビューをTVで聞きました。それだけ予断を許さない大変な状態ということですよね。
一市民としてはせめて身の回りの無駄を省くくらいしかできないですが、それぞれの小さな実践がこれまで以上に大切なのかもしれないですね。