ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日は

<<   作成日時 : 2011/05/10 00:01   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日は来客があり、私の拙いピアノ演奏を聴いていただいた。ご夫婦で来てくださったのだが、ご主人は職場で事故に会われ失明と他の障害を負われたとのことだった。
 5曲ほど小品を聴いていただいた。実はこの件は夫に相談したとき、ぜひ弾いて差し上げたら良いと夫が勧めてくれたのでお引き受けしたのだ。だから、昨日は夫にもちゃんと聴いてもらった。いつもはCDの素晴らしい演奏を聴いて感動している夫だが、昨日は私の演奏を聴き弾き終えるたびに喜んで拍手してくれていたのでヨロシイ。(ナァンテ。その態度、そしてまあ私にしてはの出来具合がということで。)

 この夜、私は寝るときになんとなく両親と夫に感謝した。私のようなピアノを喜んで聴いてくださる方がいてお役に立てたような幸せを感じたからだ。私としては演奏者としてまさかこんな1日が来るとは思ってもいなかった。

 さて、そのときいろいろお話を伺ったのだが、ご主人はいきなり失明され、右の耳も聞こえず、高次脳機能障害と脳の右側の痺れが続き、言葉も発声障害を負われていらっしゃり、生活は多くの面で自立されておらず奥様の介助がとても大変そうでありながら、介護認定はされないとのことだった。従って介護保険は使えずデイサービス等は受けられないのだそうだ。事故による視覚障害ということで労災は降りても、うちのような脳血管障害ではない為介護の対象にはならないとのことだった。
 法の盲点である気がした。弱者に目が行き届いていないような気がする。障害者とその家族にとって、通所デイサービスでリハビリや友人との交流を続けられることは本当に心身ともに助かることだ。介護保険での住宅改修等の補填もずいぶんと助けられている。ご主人のようなケースの視覚障害者でも同じと思えるけれど、そうはいかないところが奥様とともに私も納得いかなかった。
 せめてもの声にならない声だが、障害者自立支援法への疑問としてここに書かせていただいた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日は ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる