ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ旅行!

<<   作成日時 : 2011/05/24 22:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週18日にドイツ旅行から無事に帰った。11日からの8日間の旅行だった。旅行後1週間経った。この間なんとか元気ではあったが、翌日からすぐに平常の仕事をこなしつつ旅行の後始末等をしていると、空き時間はものすごい眠気に襲われ報告どころでなかったのだ。

 日程は1日目は娘のいるヴィースバーデン見学、2日目ライン下り、3日目ベルリンへ列車で行き市内観光とベルリンフィル鑑賞、4日目ベルリンにてペルガモン博物館見学、「魔笛」鑑賞、5日目ヴィースバーデンに戻りオペラ劇場にて新作オペラ「ロリータ」鑑賞、6日目フランクフルト市内観光、帰国へ。

 夫は車椅子無しで出かけた。荷物は2人分をLサイズのスーツケースに一まとめにし全く問題無かった。だいぶ歩けるようになっているので、後ろを振り返りつつ少し待っていれば結構休まずついてくるので、日程的にも問題なく全て一緒にこなせた。

 全体として、天気にもなんとか恵まれとても楽しい夢のような旅行だった。どの日も素晴らしかった。特に今回、ベルリンフィルを生で聴けたことと、「魔笛」を聴けたことは音楽に携わっている者としても本当に一生の宝物であった。ベルリンフィルはアバドの指揮、ソプラノのプロハスカによるモーツアルトアリアとオペラ「ルル」(A・ベルク作曲)の演奏会形式のもの、ポリーニのピアノでモーツァルトピアノコンチェルトG-dur、そしてマーラー交響曲10番というプログラムだった。今まで耳にしたことのないような柔らかな響きと美しく豊かな音楽の流れであった。

 「魔笛」のほうも楽しめた。森の動物のぬいぐるみが面白おかしくダンスをしたり、パパゲーノとパパゲーナのこども達が20人くらい産まれてオーケストラボックスから舞台へわーっと飛び出してきたり等の演出も楽しかった。家族連れで来ている観客も多く、こども達がケラケラ笑いながら楽しんでいる様子も和やかで楽しい雰囲気で良いなぁと思えた。繰り広げられているオペラは音楽的にも芸術的にも超本物ですしね。

 久しぶりに会った娘も元気そうで安心した。在住しているヴィースバーデンは歴史的な建築物が並び緑の多い大変気持ちの良い街だった。歌劇場のオーケストラも美しい響きだった。仲間にも恵まれ、生活を楽しんでいるようでもあり今回の旅行ではすっかり頼りにさせてもらった。有難うね!

 ところで問題が無かったわけではない。それは夫のお風呂だ。1,2日目は無理そうなので頭だけシャワーで洗い、身体は拭いて済ませたが、3日目のベルリンのホテルではお風呂に入れてみた。しかしこれがエライ騒動になった。どうしても出られなくなったのだ。助けてくださったSさん本当に有難う!腰は大丈夫ですか?ごめんなさいね。でも後から思い出すと笑ってしまいますよね。

 さて、ドイツといえばビールとワイン?美味しいですよね。しかし、アルコールの飲みすぎは負の連鎖を生むとして3日目頃から夫には大好きなビールをほどほどにしてもらった。私が時差と夫の鼾により完全な寝不足状態になったためだ。その私はといえば、いい気になって飲めないワインをがぶがぶ飲んでレストランで小1時間ほど倒れるハプニングも。これも笑える思い出となった。

 ともあれ豊かな自然、豊かな食料、豊かな文化を大いに満喫できた旅行だった。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ旅行! ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる