ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 足の装具の件

<<   作成日時 : 2011/09/15 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

 今月足の装具を新しくしました。これで3代目です。初めのリハビリ病院で保険を使って1つめ、2年後に障害者生活支援を利用して2つ目、今回も障害者生活支援の利用で3つ目です。

 1つめは足を固定することに重点が置かれ、材質も全く曲がらないほどのぶ厚いプラスチックで、かかともがっちり補強してあります。4点杖でやっと歩き始めた頃、こうでないと足が変形してしまうと言われたのです。

 2つ目はリハビリ病院を変えて以降歩くことに意欲的になってきた頃、周囲の方と比べてあまりにもごつい装具に本人が違和感を持ち希望したのと、新しい主治医からも少し柔らかい材質にして自由度を増やし歩きやすくしてみましょうと言われ、区役所を通して新たに作ったのです。靴がワンサイズ上の大きさで入るように(1代目はツーサイズ上でした)かかとをくりぬいていただきました。この装具で本当に良く歩くようになりました。

 今回の3つ目の件ですが、実は本人が何となく不具合だとぶつぶつ言うのを私は意味が理解できず、しかもそんなに何べんも障害者生活支援制度を気軽に使えないだろうから我慢するしかないと考えていたのです。実際に区役所の方からも修理ならできますと言われました。ところが訪問リハビリの療法士さんが夫のぶつぶつ言う内容を親身に聞いてくださり、不具合であるなら作ることができますよと区役所にかけあってくださって実現できたのでした。

 装具を作るとき新たな装具屋さんに言われました。「麻痺の右足にきちんと体重が乗せられないと良い装具とは言えません。歩く時の基本ですから。ご主人の場合、今までの装具の性質のせいで利き足の左足だけに体重を乗せ右足を腰で回転させる歩き方に慣れてしまって体の中心線がずれてしまっています。今回の新しい装具では材質もさらに足を曲げられる自由度を増やし、しかもきちんと足の裏で体重を受け止められるようにしましょう。体重を受け止められれば変形はしません。歩き方もきっと変わると思いますよ。」

 そして体の中心と重心の移動のさせ方を本人に確認させると、本人も喜ぶほど歩きやすくなったのです。

 障害をたかだか6か月で固定と決めつけるのでなく、長い時間をかけてでも改善方向へ進めるよう、障害の程度に合わせた自由度を持たせる環境や装具の工夫が大切だと改めて感じさせられました。

 さて、新しい装具ですが、1週間ほど使用して夫はまたぶつぶつ言いだしました。以前より歩きにくくなったと言うのです。なんじゃー?
 でもグッドタイミングでいつもの訪問リハビリのやさしいお姉さん療法士さんが来てくださり、歩き方や体重の乗せ方、中心線を訂正してくださり、本人もああそうかと納得でした。今までの歩き方についついなってしまっていたのですね。

画像
画像

      右から初代、2代目、3代目。3代目は高さもベルトの位置も違います。



 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰致しております。
たまたまfacebookの友達情報で興味深いものがありましたので、お知らせします。

☆リハビリテーションの先進的治療戦略
・脳卒中後の片麻痺の回復を促進する新たな治療法
<従来の考え方:麻痺は治療しても回復しない>
 これまで脳卒中で半身不随(片麻痺)になると、破壊された神経細胞は再生しないから、片麻痺は治療しても回復はしないとの考えが常識でした。そのため、片麻痺の患者さんのリハビリテーションは麻痺のない下肢や上肢を鍛えて、歩行や日常生活が出来るようにすることが目標とされてきました。勿論、今後もそれらがリハビリテーションの最優先の目標であることには変わりありません。

<今日の考え方:麻痺は治療すれば回復する>
続きは長くなりますので、鹿児島大学のサイトでご覧下さい。
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~rehabil/koza/jobs/sensin.html

PS ビックリ情報です。男声合唱プロジェクトYARO会のコンクール用団体Vive la Compagnieが全日本合唱コンクールの埼玉代表に食い込み、来月関東大会へ行くことになりました。まだ休めそうにありません。
加藤良一
2011/09/15 23:26
こちらこそご無沙汰しております。
鹿児島大学の川平和美教授が研究開発された新しい神経回路を刺激する促通反復療法という治療法ですね。NHKスペシャルと同局あさいちとで特集していて、私も両方見ました。
リハビリの分野も今後さらに医学的に発展していきそうで、患者にとっても希望へとつながりますね。
私も番組を見たあと、すぐ夫をつかまえて独自に開発した?促通療法を試しました。(笑)うちの場合上肢は特に重症で「動く」など夢のまた夢ですが、「はいっ」とか「そうそう」とか声を掛けながらマッサージしたり動かしたりと付き合っているうちにどことなく田舎のオトボケ老夫婦みたいで楽しいですね。うちの場合も何もしないよりはコミュニケーションにおける効果くらいはありそうです。継続が大切なのですが。。。

PS ビックリ情報ビックリ!すごいですね。頑張りましたね!どうぞこうなったら全国大会も目指してください。応援しています。
UOMIZU
2011/09/16 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
足の装具の件 ガンバレ UKEN 脳内出血闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる