テーマ:健康

命がけのラーメン

 地方大学へ通う息子がしばらく帰省していて、本日までの10日間ほど家にいたのだが、やはりその間、食事はどうしても、夫向けより、息子向けとなる。そのせいか、夫の血圧が少し上がってしまった。  明日からまた管理してゆけばだいじょうぶというほどの上昇ではある。  そんな最中、今日は、近所のラーメン店のチラシが新聞折込に混ざっていて、夫は長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリーの毛玉がタイムリミットに

次女が留学して、一番大変なのは、我が家の老猫ドリーのことかもしれない。今年で、20歳になる老猫だ。長毛種のヒマラヤンなのだが、かつて若かりし頃はルイ王朝の宮殿内にでもいそうなロココ風美人で目がくるんとしていたのに、今じゃ、目つきもすっかり、婆さん風。ショボッとしていて、小さなことはどうでも良いワイという感じだ。で、なんと言っても、その自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票日

 今日は参議院選挙投票日。さて、誰に投票しようかな、と、夫と新聞の折込の各党の宣伝版を見ると、それぞれ、どの党も「良い世の中」になりそうな内容のマニフェスト。    「でもなぁ、私はこの人と思って結婚したのに、はたして成功だったか失敗だったかというと、失敗だったかもしれないしなぁ、こういうの見ても選ぶ自信ないなぁ…」と言うと、夫は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療ST終了

 医療保険で受けていたST(言語訓練)が今月初めで終わっています。昨年の8月に在宅にして以来、病院で専門のST療法士先生に週に1度、面倒をみていただいていたのですが、残念なことに、これ以上はできないとのことです。  昨年の改定で、医療保険と、介護保険の両方ではリハビリを受けることができなくなったのです。改定で医療保険ではリハビリ期間は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同級生同窓生

 夫の小中学校のときの同級生、高校の同窓生が、時々連絡をくださいます。上の写真は、小学校の修学旅行で桜島へ行ったときのものだそうで、同級生が私のところへ送ってくださいました。前列右端が夫のようです。  この頃は、天才少年だったと思います。この頃のことを母は、「何も言う事のない、本当にやさしくて賢い子で、私達の子ではないように感…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

続野良猫対策

 とうとうこれまでの車がだめで、次の車を決め、契約は済ませた。私は納車に向けて、駐車場をなんとかしなくてはならない。  今日は台風で雨が降ったり止んだり。午前中から時々駐車場を見に行ったが、雨が結構降っているときは、さすがに野良猫も来ていない様子だが、ところが、少し小降りになったとき、見に行くと、これがいるのだ。駐車場に置いてある代車…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

野良猫対策

 隣人が無責任に野良猫にえさを与えるため、我が家の野良猫被害は数年来甚大で、ここへ来て、車が壊れたのをきっかけに、なんとか次に購入する車への泥の足跡とひっかき傷は阻止したく、野良猫対策にかかりっきりだ。これまで私だけの力で解決を図ろうといろいろ試したけれど、全て失敗。結局88歳の父と相談し、一緒に本腰を入れて対処することにした。今日は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て最終コーナー

 ドイツへ行った娘は、無事に到着したようです。昨日電話してみたところ、ウクライナ人の女の子とルームシェアしていて、一緒に食事を作っているとか、まだ学校へ入学していないのにもかかわらず、先生のご好意で毎日レッスンをしていただいているとか、結構元気そうでした。  夫に電話を変わると、「あーゆりちゃん!ブツブツダバダバ****」焦ってしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次女ドイツへ

 本日、次女のゆりがドイツへ行きました。留学です。はじめ、夜の便で行くということでしたので、私は午前中の仕事を入れてしまい、結局、その後朝の便で行くことになって、私は空港までは見送りに行けませんでした。  本人は大宮から成田エクスプレスで行きましたから、大宮まで車で送り、そこで夫と見送りました。  荷物をバスに載せ、いざお別れ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

穏やかに、のつもりだけれど

この家で、夫とじっくり穏やかに暮らしてみようと、昨年在宅介護にするにあたって、そう思った。  が、私は、彼をどうしても許せないと思う気持ちが、正直なところどこかにある。根はそう深くはないにしても。たとえば、5年後はどのくらい回復しているか、と想像したのをきっかけに、では、5年前はどうだった、10年前はどうだったっけと過去を思い出して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あと5年?

私のほうはなんだかんだ、良いこともあれば、ストレスもあります。仕事上のストレスでは、これまでは、夫に相談すると「辞めれば良いよ」などと軽く言われ、私も、「よしっ辞めよっ」とかすぐ思えたのですが、夫が働けないこの事態ではそうも行きません。  あんまり悲しかったとき、夫に、「だいたい、私は自分でバカで無能力なのがわかっていたのだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘のリサイタル

 家内工業的にうちで主催した今回の娘のリサイタルでしたので、主催者として、朝早くから、夫を急かして車に乗せ、午前中のリハーサルに間に合うよう会場へ向かいました。  リハーサル中夫は、ずーっと熱心に、興味深く客席で聞いていてくれていたので、おかげで私も楽でした。  本番も、私は楽屋のほうに待機しておりましたが、夫は客席内で嬉しそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これって幸せなのか不幸せなのか

 今朝郵便受けに入っている朝刊を取りに行くと、昨日取り忘れていた郵便が1通ありました。さいたま市保険年金課「重要」。良い知らせか、悪い知らせか、良いわけは無い!っと封を開けると、ナヌッ?えっ?ホント?何かの間違いでしょ?  国民健康保険税納税通知書、ンー十万円。どうして?だって、夫の所得は、元気な頃の1割だよ。健康保険税も以前の1割く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親離れ?

 土、日、月と金沢にいる息子のところへ夫をおいて私だけで行ってきました。息子が大学の寮を出ることになり、その手伝いに行ったのです。  家のほうは、長女、次女に任せることにしました。    さて、初日の土曜日、昼頃自宅の門前に着いた長女から、チャイムを鳴らしても、電話をしても応答がなく、窓をたたいてお父さんと呼んでも出てこなくて、家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油絵その後

 油絵の道具を揃えたので、元気な頃これまで関わった他の趣味のごとく、いっきにはまっていくかと思いきや、案外、そうでもなく、そのあまりの奥の深さに、どうしたら良いのか立ち止まっているといった様子です。  1回、絵の具を出して、果物とコーヒーカップを描きましたが、先日伺った先生宅で説明を受けた内容をすっかり忘れていて、自己流でベチョっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

油絵を始めてみることになりました

 今日は画材やさんで紹介していただいた絵の先生のお宅を訪問してきました。先生はプロの画家でいらっしゃいます。夫はこのところ、油絵をやってみたいような事を言っていたので、そのことを相談すると、さっそく先生は説明をしながら、夫に実際にキャンパスに筆を使って描かせてくれました。  夫のうれしそうな様子!色がパレットの上で混ざり合い、それが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士の絵

先月富士山麓へ行ったときは、赤い富士山は見ませんでしたが、なぜか、数日前机の上で一生懸命描いた絵はこのような絵でした。 描き終えて、「疲れた~」と言って満足げでした。 これを描く何日か前、「絵をいくら描いても、仕事にはならないし…」みたいな事を言って、あまり絵を描くことが気乗りしないようでしたので、「絵を描くのは嫌いなの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

連休の様々な有難う

 連休は、まず、先日書いたように、間近に見て感動した富士山に有難う。美しかったなぁ。あの美しさは世界的に見ても奇跡だ、と思いますね。(ゴミとは無縁であって欲しい!)  そして、夫の父の米寿のお祝い、おめでとう。一族23名ほどが集まりました。ひ孫5人に囲まれ、父はまだまだ元気。畑に囲碁にと活躍中です。両親元気でいてくれて有難う。  そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

言語の進歩

 この2、3日、夫は何かを話そうとして、「あー、だめだ。なんだかだんだんだめになってきた。」と言うのです。  これを聞いて、家族は大笑いです。「えーっ!良く言えたねぇ。お父さん、言えてないのがわかってきたんだね。」と。  夫が、きょとんとしているので、「お父さん、だめになったんじゃなくて、良くなってるんだよ。言えてないのがわかってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山に感動

 26,27日と、富士山麓へ2人でドライブ。  26日は山中湖、27日は河口湖、西湖の周りをドライブ。快晴で、富士山はみごと。  携帯の充電器を忘れ(相変わらずドジ)、26日の夕刻2枚しか写真が撮れなかったのが残念。でもあの壮大な美しさは、心に焼き付いています。行って良かった!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生いろいろ

元気な頃、夫は、私が何かを主張したとき、まずは疑ってから信用できるかどうか判断し、たとえ信用しても、心のどこかでは「そう考えさせておいてやろう」みたいな、お付き合いくらいにしか同調しない人だったと思います。  逆に私も、彼の主張していることに対し、同じだったと思います。特にこどもが大きくなるにつれ、そしてこちらもそれなりに人生経験を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2歳

 昨年の誕生日が、1歳としたら、今日の誕生日は2歳。ちょうど人間の子の1年分くらいの言語能力の発達はこの1年で見られたように思います。  ただし、出力がまだ幼児的なだけで、入力理解度はほぼ実年齢の54歳までに戻りました。  今日の誕生日は、料理はいつものように薄味、質素ですが、お祝いに缶ビール1缶(350ml)出しました。もう喜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 手帳再認定

障害者手帳の更新の知らせが役場から来て、皆さん1年ごとにするのかと思いきや、更新の為の診断書が必要なので、病院へ行ったところ、とても珍しいですね、と言われびっくり。  埼玉県リハビリテーションセンターにいた時に、今の障害者手帳を作ったわけですが、どうやら、そこの主治医だった医師が再認定の必要有りのチェックをしていたらしいのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侮るなかれ

 その1・  夫が言語の宿題を一生懸命していました。山、本といった絵だけが書いてあって、その単語名を横に書いていく宿題です。ほとんどできています。あとは、「顔」という単語です。  夫「お母さん、わからない」私「えっ、よく考えてみて」  夫「カンバセ…」私「えー?朝起きて何を洗う?」  夫「カオだ」私「そうそうカオという字を書けば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高血圧

このところ、血圧の数値が正常です。薬は当然ずっと飲んでいますが、正月過ぎ頃は、それでもどうしても上がすぐ140を超えてしまい、150以上のときも何回かありました。  元気な頃ならそのくらいでも、と思いますが、もうすでに、末端の血管の弾力が無いと思うので、注意したほうが良いのです。  この頃は、だいたい120前後からせいぜい130く…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

色鉛筆画

 この頃は、アルコール系は描かなくなりました。やっと、一途な想いを断ち切ったのでしょう。 水彩画等の本を見ながら、気に入ったものを選んで構図を真似して描き、あとは色鉛筆で好きなように自由に塗っています。  少し絵に意欲が出てきました。自分が死んだら、絵を売って生活してくれ、などと冗談も言うようになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重かった1日

 夫の病気のこと、後遺症のこと、目の当たりにしているので考えない日はないのですが、それでもそれが日常となってくると、毎日忙しく、かかわるべき必要最低限だけ夫にしてあげ、あとは自分の仕事のこと、そして自分の息抜きのこと、自分の生活、そんなことに気持ちのウェートが傾いてしまいます。  そうすることで、私は身が軽くなるわけです。鬱々せずに前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ken

            色鉛筆画2点 <宮崎青島>(たぶん・・・)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今までにない作風

 展示会をしていただき、少し絵に意欲が出てきたように思います。  この絵は真似ではなく、全くの創作です。我が家の前の、見沼の畑に、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスが一面に咲くのですが、そんな思い出が織り交ざって、こんな色使いにおそらくなったのではないかと、私は思いました。  これまでで1番の傑作!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りはせん3人展

 『りはせん』で絵画同好会の3人による展示会があり、写真を撮ってきました。展示会といっても、入り口の壁に最近の作品が数点ずつ掛かっているだけのことですが。  一応この同好会で会長さん的にお世話してくださっている方が(この方は、パーキンソン病とのこと)オークションにしようと、提案してくださり、写真右下の箱に、見た人が欲しい作品を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more